リレーメンバー、右から多川選手、佐藤選手、芦田選手、山本選手

リレーメンバー、右から多川選手、佐藤選手、芦田選手、山本選手

6月7日に開催された日本身体障害者陸上競技大会、4×100mリレー(T42‐T46)は、
日本記録(45.12)には届かなかったが、大会新記録 45.25 

1走:多川知希選手(T47)
このメンバーで走ったのは昨年7月の世界選手権以来だったんで不安があったんですけど、わりと上手くいったのかなと思います。日本記録狙っていたんですが、出なかったので悔しかったです。

2走:佐藤圭太選手(T44)
多川さんと、篤さんが個人種目で良いタイムを出した後のリレーだったので、
その流れで、僕と、創もよいタイムを出せば日本記録というのもあったかと
思うんですけど。
僕としてはまだまだ調子が上がってないので、
ちょっと足をひっぱった感があるかなと思いました。

3走:芦田創選手(T47)
バトンがあうかどうか心配だったんですけど、うまく流れたと思うので、よかったと思います。
個人的には序盤に加速に乗り切れず、もっと早くスピードに乗れればよかったかなと思います。もっとスピード練習を入れて、自分のスピードをうまくかみ合わせられたらよかったと思いました。

4走:山本篤選手(T42)
日本記録更新をしたかったんですけど、まあ、なかなかですね。
この後、7月の関東選手権の後に、たぶん合宿があると思うので、アジアパラゲームスに向けてよい練習をしていけると思います。あとはメンバーを最強メンバーにしながら、いろいろ試しながらやっていきたいと思います。